「矯正歯科治療をしたいけど装置が目立って抵抗がある」、「ワイヤーが目立って恥ずかしい・・・」、「目立たない装置はないの?」と言う患者様の訴えは沢山ございます。

外見上の理由から歯ならびの治療をあきらめられるのは非常に残念です。

岩本矯正歯科では、矯正治療を行う上でできるだけ目立たない、または見えにくい矯正装置を使用した治療もいたしております。

 

■舌側矯正(裏側矯正)

矯正装置を歯の裏側につけ治療をおこなうため、矯正装置が人目に触れず見えません。この方法を「舌側矯正」または「リンガル矯正」と言います。装置装着後2〜3週間ほど発音がしにくい場合がございます

 

■マウスピース矯正(クリアライナー)

アライナーという透明のマウスピースを使用する矯正治療です。ワイヤーや金具を一切使用しないので、最も目立ちません。治療の流れは、2〜3週間ごとにマウスピースを交換して徐々に歯を動かしていきます。他の矯正治療とは異なり、マウスピースを取り外すことができます。

全ての患者様が適応になるわけではございませんので、まずはお気軽にご相談下さい。

 

インビザライン

インビザライン、不正咬合を治療するため患者さんお一人お一人のためにカスタムオーダーで製造されるマウスピース型矯正装置です。全世界ですでに45万人以上の患者様の治療に使用されております。最先端のCAD/CAM(光造形)技術を通じ、コンピューター画面上で策定された治療計画を精密に具現化する形でアライナーの製造をいたします。

インビザラインの治療プロセスや結果は、最新の3Dアニメーションで確認しながら治療をうけることができます。